日本自動車会議所とは

ご挨拶

名誉会長 小枝 至

会長 内山田 竹志

会長 内山田 竹志

日本自動車会議所は、わが国の自動車産業と社会の復興を目的に、終戦直後の1946年(昭和21年)6月に設立されました。その後のモータリゼーションの進展に伴い、自動車に関係する多様な要請課題に対応してきましたが、現在、「クルマ社会の健全な発展」、「日本経済や自動車産業、国民生活への貢献」に寄与するため、さまざまな事業に取り組んでいます。

自動車産業は、広範な関連産業にかかわる総合産業であり、わが国の全就業人口の約1割、全製造品出荷額の約2割を占めるなど、日本経済を牽引する基幹産業です。

当会議所は、こうした自動車産業に携わる、幅広い団体・企業が加入する総合団体です。自動車や部品メーカーなどの「生産分野」、ディーラーや整備事業者などの「販売・整備分野」、トラック、バス、ハイヤー・タクシーなどの「運輸・交通分野」、自動車リースやレンタカー、損害保険、石油、リサイクルなどの多様な「自動車関連分野」、そして全国21都府県の「全国の自動車会議所」から構成され、会員数は170余りに上ります。

主要な取り組みとして、「運営」、「税制」、「道路・交通」、「経済・産業」の4委員会の活動を通じて政策要望や提言、啓発活動などを行っており、会員の皆さまと連携しながら諸課題に取り組んでいます。また、講演会(会員研修会)や視察会を定期的に開催し、会員の皆さまの関心の高いテーマや視察先を積極的に取り上げるなど、会員サービスの充実に努めています。クルマ好きを育む活動にも力を入れており、ホームページでイベントをはじめ多彩なクルマ関連情報を広く一般に向けて発信しています。

さらに、2004年3月に、自動車に関連する情報の受発信拠点として、自動車関連業界の念願だった「日本自動車会館」が開設されましたが、当会議所は入館14法人で組織する「日本自動車会館運営委員会」の事務局として、関係団体・企業の連携や会館の機能強化に努め、開設理念の具現化に向けた諸活動を推進しています。

「令和」の時代が幕を開けた今、自動車産業は「100年に1度の大変革期」の真っただ中にあり、いわゆる「CASE」や「MaaS」と言われる新たな潮流が産業構造を変えようとしております。AIやIoTなどの最先端テクノロジーを駆使した自動運転も現実味を帯びてきており、自動車産業だけではなく、クルマ社会そのものにも変革の波が押し寄せています。

クルマは国民生活や経済にとって欠くことのできない交通・物流インフラであるだけでなく、“生活の足”そのものでもあります。東日本大震災や熊本地震など大きな災害を経験して以来、“ライフライン”としての重要性も高まってきており、国民の命を支える役割も担っています。

日本自動車会議所は、こうした情勢変化にも対応しながら、会員の皆さま方とともに、これからもクルマ社会の健全な発展に向けて尽力してまいります。

会員ログイン