会員研修会

第259回会員研修会「高齢者交通安全対策の課題と展望」

2019年4月24日

昨今、高齢者による重大交通事故が多発し、社会の大きな関心を呼んでいます。

この背景には、高齢者人口の増加だけでなく、高齢者特有の事情も影響しています。高齢社会が今後ますます進展する中、高齢者の交通事故対策には、高齢者本人だけでなく周囲にいる方々の理解も重要です。

そこで、今回の会員研修会は、東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授の鎌田実氏をお招きし、「高齢者交通安全対策の課題と展望」についてご講演いただきます。
鎌田氏は、長年、高齢社会におけるモビリティ、高齢者の交通安全などについて研究され、国土交通省の交通政策審議会など各審議機関において積極的に提言を行われております。
つきましては、ご多用とは存じますが、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

日 時 2019年6月4日 15:00~16:30
カテゴリー 会員研修会
場 所 日本自動車会館 1階「くるまプラザ」会議室(東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー)
テーマ 高齢者交通安全対策の課題と展望
主催者

(一社)日本自動車会議所

講 師 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授 鎌田実氏
定 員 80名(会員優先、申込み先着順、定員になり次第締め切ります)
対象者 自動車業界
締 切 2019年05月28日
参加費 無料
申込方法

当サイトから必要事項を記入の上、お申し込みください。

リンクサイト

第259回会員研修会案内_鎌田教授

 

会員ログイン