会員研修会

第270回会員研修会「『自動化』とドライバーに求められる協調運転」案内

2020年12月21日
日本自動車会議所は、2021年1月27日(水)午後3時から東京都港区の日本自動車会館くるまプラザで、講演会「第270回 会員研修会」を開催します。
「『自動化』とドライバーに求められる協調運転」をテーマに、講師には自動運転技術に詳しい交通コメンテーターの西村直人氏をお迎えします。
国内では2020年度中に、高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことができるレベル3搭載車が発売される予定です。
自動運転技術にとって大きな一歩が記されることになり、講演ではレベル3を実装する乗用車の技術的な特徴と、それを利用するドライバーに求められる協調運転について、具体的な事例を踏まえてお話をいただきます。
また、当面、公道では自動運転車との混合交通になることを受け、自動化レベルの異なる自動車を正しく普及させていくための社会的受容性や、自動運転車の登場により将来の交通社会がどのように変わっていくのかについてもご提言いただきます。
会場では、新型コロナウイルス感染予防を図り、ソーシャルディスタンスに配慮、定員を制限しています。1月も会員の方を優先して、申し込みの受け付けをいたします。
日 時 2021年1月27日 
カテゴリー 会員研修会
場 所 日本自動車会館1階(東京都港区芝大門1-1-30)
テーマ 「自動化」とドライバーに求められる協調運転
主催者

日本自動車会議所

講 師 交通コメンテーター 西村直人氏
対象者 一般,自動車業界
会員ログイン