自動車産業インフォメーション

三大都市圏で輸送人員は微増、東京圏混雑率は横ばい~都市鉄道の混雑率調査結果を公表(平成30年度実績)

2019年7月18日

本調査は、通勤通学時間帯の鉄道の混雑状況を把握するため、毎年度実施しているものです。昨年度同様、東京圏の主要31路線等の路線についてはピークサイド各1時間の混雑率を公表し、オフピーク通勤の推進を図ります。

都市鉄道の混雑率(注1)については、「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」(平成28年4月20日交通政策審議会第198号答申)において、引き続き、ピーク時における主要31区間の平均混雑率を150%にするとともに、ピーク時における個別路線の混雑率を180%以下にすることを目指すこととされています。
また、同答申において「朝のピーク時のみならず、ピークサイド等の混雑状況について、「見える化」の検討を鉄道事業者において進める
ことが重要である」と示されたことを受け、昨年度同様、東京圏の主要31路線等の路線について、ピークサイド(注2)の混雑率も公表します。

【三大都市圏主要区間の平均混雑率】※( )内は昨年度の混雑率
東 京 圏:163%(163%)

大 阪 圏:126%(125%)

名古屋圏:132%(131%)

【目標混雑率180%を超えている個別路線(11路線)】※( )内は昨年度の混雑率
・東京地下鉄東西線:199%(199%)  ・JR東日本南武線:184%(189%)

・JR東日本横須賀線:197%(196%)  ・JR東日本埼京線:183%(185%)

・JR東日本総武緩行線:196%(197%)  ・JR東日本中央快速線:182%(184%)

・JR東日本東海道線:191%(187%)  ・東急田園都市線:182%(185%)

・東京都日暮里舎人ライナー:189%(187%) ・JR東日本総武快速線:181%(181%)

・JR東日本京浜東北線:185%(186%)

(注1)混雑率:最混雑時間帯1時間の平均 (注2)ピークサイド:最混雑時間帯の前後の1時間の平均

国土交通省報道発表7月18日

開催日 2019年7月18日
カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

国土交通省

対象者 自動車業界
リンクサイト

報道発表

https://www.aba-j.or.jp/wp/wp-admin/edit.php?post_type=industry 

会員ログイン