自動車産業インフォメーション

上期輸入車登録12県で増 BMW、ジープなど前年超え

2019年7月18日

2019年上期(1~6月)の都道府県別輸入車新規登録台数は、12県で前年同期実績を上回った。沖縄が前年同月比53・3%増と大幅増を果たした。輸入車需要が高い東京、愛知、神奈川、大阪は軒並み前年割れとなった。

6月単月の登録台数は、前年同月比3・3%減となったものの、11道県で前年実績を上回った。主要市場のうち、愛知が同9・9%増と前年超えを果たした。2桁増は北海道、青森、茨城、長崎、沖縄の5県。

19年上期(1~6月)の車名別輸入車新規登録台数は、BMW、ジープ、プジョー、ルノー、フィアット、シトロエンなどが前年同期実績を上回った。中でもランドローバーやジャガー、アルファロメオ、スカニアなどは2桁増とした。
6月単月はメルセデス・ベンツ、BMWミニ、ジープ、ランドローバーなどが前年実績を上回った。このうち、ジープは前年同月比42・8%増、ランドローバーは同59・6%増となった。

日刊自動車新聞7月13日掲載

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

日刊自動車新聞社まとめ

対象者 自動車業界
会員ログイン