自動車産業インフォメーション

デンソー、EVやPHVに貯めた電気を住宅で活用する 「V2H-充放電器」を開発

2019年5月14日

電気自動車とV2H-充放電器で、賢く電気を有効活用

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHV)向けの双方向給電装置である「V2H*1-充放電器」を開発し、販売を開始しました。本製品は、EVやPHVに電気を充電するだけではなく、車両に貯めた電気を住宅で活用いただくための製品です。2019年5月9日に発売されたトヨタ新型プリウスPHVでも利用いただけます。
V2H-充放電器を活用いただくことで、電気料金の安い夜間に車両に充電した電気を昼間に使用することができ、電気料金の節約が可能です。停電時でも車両に貯めた電気を住宅で活用でき、より安心な暮らしを実現します。*2また、太陽光発電で作った電気を車両に貯めることで、電気を有効活用することもできます。
本製品は、家庭だけでなく公共施設・オフィス・商業施設など事業施設でも利用いただけます。*2

【デンソーV2H-充放電器の特徴】
200V普通充電器の約2倍の充電スピード(倍速充電機能)
最大約6kVAの出力で、停電時でも普段に近い暮らしが可能*3
デンソー製「HEMS」との連携で、賢く電気をマネジメント*4
住宅の外壁と相性の良い落ち着きのあるメタリックグレーの配色
大きめの文字で屋外操作でも見やすい表示
デンソーは、持続可能な社会の実現を目指し、今後もクルマと暮らしをつなげる商品・サービスの開発に取り組みます。
*1V2Hは、「Vehicle to Home」の略です。
*2事業施設でのご利用には、条件や制約があります。
*3車種により異なりますが、40kWhの蓄電容量を持つ電気自動車(満充電時)で、家庭の一日の電気使用量が10kWhの場合、4日間電気が使えます(計算値)。
*4過去の発電量、電力プラン、翌日の天気予報などをもとに余剰電力を有効活用できます (2019年秋対応予定)。なお「HEMS」(Home Energy Management System)は別売りです。

製品の詳しいご説明は下記サイトをご覧ください。

https://www.denso.com/jp/ja/products-and-services/consumer-products/v2h/

デンソーニュースリリース5月10日発表

開催日 2019年5月10日
カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

㈱デンソー

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

デンソーニュースリリース

https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2019/20190510-01/

会員ログイン