自動車産業インフォメーション

もっとパラスポーツ知って 大阪のトヨタ販売関連13社、体験イベントを開催

2019年5月14日

大阪府内のトヨタディーラーとレンタリース、部品共販のトヨタ販売関連13社による、パラスポーツ(障害者スポーツ)競技の認知を高めるためのイベント「トヨ●パラ」が4月27日、エディオンアリーナ(大阪市浪速区)で行われた。吉本興業も共催し、総合司会を務めた次長課長ら14組の所属タレントが参加者とともに競技を体験してイベントを盛り上げた。
同イベントは、小学生を対象にした8競技のパラスポーツ体験教室を開催し、販売会社などを通じて募った希望者にパラスポーツを体験してもらうもの。昨年7月に兵庫県で開催しており、近畿地区では2回目。
2016年リオデジャネイロパラリンピックの4×100メートルリレー銅メダリストの芦田創選手と、同じく車いすラグビー銅メダリストの官野一彦選手、車いすダンス18年世界ランキングのコンビクラス2スタンダード部門9位の首藤友美選手、18年世界選手権車いすラグビー金メダリストの永易雄選手、18年パラクライミング選手権日本代表の大内秀之選手も参加し、子供たちにパラスポーツを手ほどきした。
開会式で挨拶した大阪トヨペットの横山昭一郎社長は「様々な人がつながり、笑顔あふれるイベントになれば嬉しい」と、体験を通したパラスポーツへの理解を呼びかけた。閉会式で登壇した大阪トヨタの小西俊一社長は「パラスポーツの奥深さや魅力を知ることができた」とイベントを振り返り、「すべての人が輝き活躍できる地域や社会につなげていくため、トヨタ販売会社として役立っていきたい」と、今後も地域貢献に力を入れる姿勢を示した。
●=ハートマーク

日刊自動車新聞5月10日掲載

開催日 2019年4月27日
カテゴリー 社会貢献
主催者

大阪府内のトヨタディーラーとレンタリース、部品共販のトヨタ販売関連13社

開催地 エディオンアリーナ(大阪市浪速区)
対象者 キッズ・小学生,中高生,大学・専門学校,一般,自動車業界
会員ログイン