自動車産業インフォメーション

警視庁 交通死亡事故の特徴(平成31年3月末)

2019年4月16日

3月末現在の交通事故は、昨年同期に比べ、発生件数、死者数及び負傷者数はともに減少しました。
死亡事故の特徴をみると、

  • 年齢層別では、65歳以上の高齢者が13人で全体の約45パーセント。
  • 状態別では、歩行中が14人で全体の約48パーセント、そのうち65歳以上の高齢者が8人。
  • 事故類型別では、車両相互の出会頭、車両単独がそれぞれ6人。
  • 道路形状別では、交差点が16人で全体の約55パーセント。
  • 違反別では、車両側の信号無視が7人。

という状況でした。詳細は警視庁ホームページをご覧ください。

警視庁4月12日報道発表

開催日 2019年4月12日
カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

警視庁

開催地 東京都
対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

警視庁ホームページhttps://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/jokyo_tokei/tokei_jokyo/fta.html

会員ログイン