自動車産業インフォメーション

沖縄レンタカー7社が参加し安全体感試乗会、沖縄マツダが「デミオ」を同乗試乗

2019年2月11日

沖縄マツダ(土井耕輔社長)は、豊見城市でレンタカー会社向けの「安全体感試乗会」を開催した。当日はレンタカー会社7社から20人が参加し、「デミオ」の同乗試乗を通して、マツダの最新の安全機能を体感した。ディーラーと複数のレンタカー会社合同での体感試乗会は県内でも初めて。

この試乗会はレンタカー会社から最新の安全装備・機能について相談を受けたことをきっかけに、同社特販課が企画。今回、マツダグループ会社の協力のもと、安全に体感できる環境が整ったことで実現した。試乗会ではデミオを使用し、被害軽減ブレーキとAT誤発進抑制制御機能を同乗体験してもらった。また試乗の前後には、ペダルレイアウトやドライビングポジションなどを通じて、マツダの安全に対する考え方なども説明した。

参加したレンタカー会社は「インバウンドの増加とともに事故も増えてきているが、クルマの安全装備による効果を実際に試す機会がなく、車両導入時の判断が難しかった。今回の体感試乗で、作動の留意点も含めて最新の安全装備に対する正しい理解が深まった」と話した。これを受けて、土井社長は「多くのレンタカー会社のご協力で体感試乗会を開催できた。今後も沖縄で安心安全なレンタカー体験を提供したいという各社の共通の想いに少しでもお役に立ちたい」としている。

日刊自動車新聞2月7日掲載

カテゴリー 展示会・講演会
主催者

沖縄マツダ販売㈱

開催地 豊見城市
対象者 自動車業界
会員ログイン