自動車産業インフォメーション

車の所有「肯定的」 ソニー損保、新成人カーライフ意識調査

2019年1月12日

ソニー損害保険は、今年の新成人を対象にしたカーライフ意識調査の結果をまとめた。

運転免許保有率は増加傾向にあり、免許保有者と取得予定者のうち8割が車の所有に肯定的だった。ただ、車両の購入予算や車にかける費用は2016年から減少しており、購入予算額の平均は175万円だった。

免許の保有率は昨年の調査から5・5ポイント増加して61・5%、運転免許の取得予定者の割合は24・2%だった。このうち80・6%が車の所有に前向きだった。車の所有率は16・7%だった。
車両の購入予算を聞いたところ、平均額は175万円だった。15年の189万円をピークに4年連続で減少した。また、1カ月当たり費用の平均額も1万6894円と4年連続の減少となった。

「若者の車離れ」について、自分自身に「あてはまる」という回答は昨年比3・7ポイント減の33・6%で「あてはまらない」(35・3%)と拮抗する結果になった。

レンタカー利用率は31・9%、カーシェアの利用率は8・9%だった。レンタカーやカーシェアを利用したことで「車を欲しいと思う気持ちが強くなった」との回答は40・0%にのぼった。

購入したい車について質問したところ、トヨタ自動車の「アクア」が人気だった。以下、日産自動車の「ノート」、「ゴルフ」や「ポロ」などのフォルクスワーゲン車と続いた。カーライフ関連で期待していることは「車の価格が安くなる」「ガソリン・燃料が安くなる」など、維持費に関する要望が目立った。
この調査は昨年11月、今年の新成人1千人に対してインターネット上で実施した。

日刊自動車新聞1月9日掲載

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

ソニー損害保険㈱

対象者 大学・専門学校,一般,自動車業界
リンクサイト

ソニー損保、「2019年 新成人のカーライフ意識調査」1月7日発表

https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2019/01/20190107_01.html

会員ログイン