自動車産業インフォメーション

JR中央線高尾駅、「寝過ごし救済バス」を7日から年末までの金曜日3日間運行 西東京バス

2018年12月6日

 

西東京バス(東京都八王子市)は、JR中央線の中央特快最終電車の高尾駅到着に合わせて、高尾駅北口~元八事務所~JR八王子駅を結ぶ深夜バス「寝過ごし救済バス」を、7日深夜から忘年会シーズンが一段落する21日深夜まで、金曜限定で3日間運行する。

「寝過ごし救済バス」は、同社運転手の発案により2014年から運行を開始し、今年で5年目となる。JR高尾駅から上り方面の終電(0時31分発武蔵小金井行)の中で、ついうっかり寝過ごしてしまった人たちに、宿泊施設や翌朝まで時間を過ごすことができる店舗の多い八王子駅付近まで戻ってもらうサービス。

17年は3日間の運行で、合計75人(最大で30人/便)の利用があった。

高尾駅北口では、東京0時00分発の中央特快高尾行(高尾0時55分着)に接続し、JR八王子北口に1時32分に到着する。全区間の運賃は880円(深夜バスのため運賃は倍増)

交通毎日新聞12月6日掲載

開催日 2018年12月7日
開催終了日 2018年12月21日
カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

西東京バス㈱

開催地 高尾駅北口~元八事務所~JR八王子駅
対象者 一般
リンクサイト

西東京バス「寝過ごし救済バス」 http://www.nisitokyobus.co.jp/info/12993.html

会員ログイン