自動車産業インフォメーション

TOYOTA、後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売-保有車の安全・安心をサポート、「プリウス」、「アクア」から販売開始-

2018年12月6日

TOYOTAは、販売店装着の純正用品として、今お乗りいただいているクルマに取り付けることが可能な「踏み間違い加速抑制システム」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて12月5日に発売しました。「プリウス*1」、「アクア*2」から販売を開始し、今後、対象車種を広げていきます。

近年、駐車場での高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増えてきています。また、お客様からも事故を未然に防ぐ装備への要望を多くいただいています。
TOYOTAは、「交通事故死傷者ゼロ」の究極の目標に向け、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新型車への採用を進めています。そしてさらに、今のクルマに長くお乗りいただいているお客様にも本システム*3をご提供することで、より多くの方々に、安全・安心をお届けしたいと考えています。

本システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起をします。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献します*4(機能1)。
また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制します*4(機能2)。

トヨタ自動車ニュースリリース12月5日発表

開催日 2018年12月5日
カテゴリー 交通安全,白書・意見書・刊行物
主催者

トヨタ自動車㈱

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

トヨタ自動車ニュースリリース

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25619410.html

*1 対象車は、2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル除く、G’s、ウェルキャブ全車
*2 対象車は、2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル除く、G’s、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車
*3 本システムは、ブレーキ制御を行わないなどICSの機能と同等ではありません
*4 道路状況、車両状態、天候状態等によっては、作動しない場合があります

会員ログイン