自動車産業インフォメーション

18年新車500万台超見込み 足元好調、2年連続増

2018年12月7日

2018年暦年の国内新車販売が2年連続で500万台を超えそうだ。1~11月の新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同期比0・9%増の488万4542台。12月実績が前年並みなら2年連続のプラスになる見通し。9月まではマイナス基調だったが、新車効果などで10月は2桁増となり、前年実績を上回る勢いを維持している。

18年上期(1~6月)実績は前年同期比1・8%減の273万2478台と、マイナスでの折り返しとなった。下期に入り7、8月とプラスに転じ、9月はマイナスとなったが10月は2桁増を記録。10月の伸びは、昨年に日産自動車の完成検査問題で販売台数が落ち込んだ反動増も要因の一つだが、結果的に18年累計で前年実績を上回る水準に回復した。

下期の国内市場を押し上げているのが各メーカーが投入する新型車だ。トヨタ自動車は6月に新型「クラウン」と「カローラスポーツ」を投入。いずれもトヨタ店、カローラ店の主力車種だ。ホンダは「CR―V」、スバルは「フォレスター」と、市場が拡大しているSUVの新型車を投入した。

軽自動車は、ホンダの「N―BOX」やスズキ「スペーシア」といったスーパーハイト系ワゴンが好調なほか、スズキ「ジムニー」、ホンダが19年ぶりに投入した軽商用車「N―VAN(エヌバン)」がメーカーの想定を上回るヒット車となり、市場を活性化させた。

日本自動車販売協会連合会は「(11月の)受注状況は前年を上回る勢い」と話しており、12月の登録も好調を維持しそうだ。全国軽自動車協会連合会も「12月はよほどのことがない限りマイナスにはならないだろう」とし、18年暦年市場は前年を上回る公算が強まった。
12月にはトヨタ「プリウス」のマイナーチェンジやホンダの新型「インサイト」の投入が控える。19年はエコカー減税の見直しや消費増税なども予定されるが、3年連続で500万台を超える可能性もありそうだ。

日刊自動車新聞12月4日掲載

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会

対象者 自動車業界
会員ログイン