自動車産業インフォメーション

国交省 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた 旅客自動車運送等に対する警戒強化の具体策を検討します。 ~第2回「自動車分野におけるテロ対策検討会」を開催~

2018年11月7日

国土交通省では、不審人物や不審物を自動で検知できる「先進的警備システム」のバスターミナル等における導入に向け、11月8日に第2回「自動車分野におけるテロ対策検討会」を開催し、同システムに関する実証実験参加事業者の選定等を行います。

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、バスターミナル等不特定多数が集まるソフトターゲットに対する警戒強化を喫緊の課題と捉えています。
その対策の一環として、今般、不審人物や不審物を自動で検知できる「先進的警備システム」のバスターミナル等における導入に向け、有識者からなる「自動車分野におけるテロ対策検討会」を下記のとおり開催の上、同システムに関する実証実験を行うこととしました。
第2回検討会においては、実証実験参加事業者の選定や告知手法の検討等を行います。

1.日  時 : 平成30年11月8日(木)10:00~11:00

2.場  所 : 中央合同庁舎2号館1階 低層棟共用会議室6(東京都千代田区霞が関2-1-2)

3.議  題 : 実証実験参加事業者の選定等について

国土交通省11月6日報道発表

開催日 2018年11月8日 10:00~11:00
カテゴリー 会議・審議会・委員会
主催者

国土交通省

対象者 自動車業界
リンクサイト

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000359.html

会員ログイン