自動車産業インフォメーション

いすゞ、大型路線バス「エルガ ハイブリッド」をフルモデルチェンジ -平成28年排出ガス規制に適合-

2018年4月17日

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則)は、大型路線バス「エルガ ハイブリッド」をフルモデルチェンジし、本日より全国一斉に発売します。

今回のフルモデルチェンジにより、平成28年排出ガス規制に適合。さらに、新型のボディ及びハイブリッドシステムを採用することにより、基本性能/燃費性能が向上しています。
この新型ボディでは、ノンステップエリアの長さ・通路幅・室内高、及び後方段上部の室内高を拡大し、広々とした室内空間を実現、利便性・安全性を向上しました。また、優先席まわりの安全性を向上、反転式スロープ板の採用による車いす乗降の簡易化・時間短縮化を図り、新たな車いす固定装置により作業の省力化が可能になるなど、バリアフリー・ユニバーサルデザインをレベルアップした車両となっています。
また、小排気量ながらも余裕のある動力性能と燃費性能を両立させた新エンジンA05C(排気量5,123cc)の搭載に加え、ハイブリッドシステムとAMTの協調制御による変速の最適化により燃費を向上させることで、平成27年度燃費基準+15%の低燃費を実現。エコカー減税の対象となり、取得税は非課税、重量税は免税となります。※
※2018年4月13日現在
<目標販売台数> 100台 / 年

開催日 2018年4月13日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
主催者

いすゞ自動車㈱

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

いすゞ自動車ホームページ

http://www.isuzu.co.jp/press/2018/4_13.html

会員ログイン