自動車産業インフォメーション

パンク修理事故撲滅へ安全ニュースを発行 タイヤ協会

2018年3月12日

日本自動車タイヤ協会では7日、タイヤ安全ニュース№78「パンク修理作業時事故撲滅!パンクしたタイヤにご注意を!」を発行した。

パンク修理作業の事故が後を絶たず、むしろ増加傾向にあることから、事故の撲滅を図るため、パンク修理前の確認(パンク修理の可否)や空気充てん作業時の注意点、パンク修理後の使用方法を訴求・啓発するもの。

このうち、パンク修理が禁止されているのは、①溝深さの使用限度を超えたタイヤや、ベルト又はブレーカが露出したもの、③トレッド以外の部位にコードに達する外傷、ゴム割れのあるもの、④コード切れやひきづり、セパレーションなど6項目の損傷が列挙されている。

また、修理可能なものには、車種によって穴の直径や個数、周上間隔など細かく規定されているのがわかる。なお、タイヤ安全ニュースは、協会HPで閲覧できます。

タイヤ新報3月12日掲載

開催日 2018年3月7日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日,白書・意見書・刊行物
主催者

日本自動車タイヤ協会(JATMA)

リンクサイト

タイヤ協会ホームページ

http://www.jatma.or.jp/news/information180307.html

会員ログイン