自動車産業インフォメーション

日本自動車輸送技術協会が調査研究発表会で視認性向上とASVを報告

2017年12月4日

日本自動車輸送技術協会(下平隆会長)は11月10日、東京全ト協ホールで第29回調査研究発表会を開催した。今回は車載カメラとドライブレコーダーを主なテーマに調査報告と講演を行った。

発表会では、国土交通省自動車局津野真生審査・リコール課長が「最近の自動車技術行政」と題して講演を行い、続いて、事業者アンケートなどをもとに「バス・トラックの視認性向上等に関する実態調査結果」を報告した。

調査報告書によると、回答事業所のASV技術導入状況は、被害軽減ブレーキがバス79%、トラック53%、ふらつき注意喚起装置がバス74%、トラック41%、車線逸脱警報装置がバス76%、トラック43%、車両安定制御装置がバス50%、トラック21%といずれもバスのほうが高かった。

今回で3回目となる「優れた考案による事業改善活動に対する表彰」は、東京都交通局の「バス車両整備版ハザードマップ」と東急バス小坂橋正氏のインジェクター用スライディングハンマー」が受賞した。

交通毎日新聞11月20日掲載

開催日 2017年11月10日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日,交通安全
主催者

日本自動車輸送技術協会

対象者 自動車業界
リンクサイト

http://www.ataj.or.jp/research/jata_events.html

会員ログイン