自動車産業インフォメーション

時速110㎞ 東北自動車道でも12月試行開始

2017年11月29日

東北自動車道でも規制速度時速110㎞への引き上げが12月1日から試行開始される。

区間は花巻南IC~盛岡南IC(上り約27.3㎞、下り約27.4㎞)。対象は、現行規制速度が時速100㎞の中型(総重量8t・最大積載量5t以上)、準中型、普通自動車、大中型バスおよび自動二輪車(125㏄以上)。

11月1日から試行開始された新東名・新静岡~森掛川(約50㎞)に次ぐ措置。

これにより、大型貨物車との規制速度差は時速30㎞となるため、警察庁は全日本トラック協会をはじめ関係団体への交通安全対策への協力要請を行う。

運輸新聞11月28日掲載

開催日 2017年12月1日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日,交通安全
主催者

警察庁

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

https://www.npa.go.jp/news/release/2017/20171107002.html

会員ログイン