自動車産業インフォメーション

全国の被災地に軽消防車を17台寄贈 日本損害保険協会

2017年10月12日

日本損保協会は9月28日、糸魚川市大規模火災が発生した新潟県及び鳥取県中部地震が発生した鳥取県の自治体を含む、全国の10市町村と7つの離島の消防団に、小型動力ポンプ付き軽消防車を17台寄贈すると発表、11月以降、順次納車予定。

同協会では、社会貢献及び防災事業の一環として、地域における消防力の強化・拡充に貢献することを目的とし、全国の地区町村に1952年度から毎年消防自動車を寄贈しており、累計で2912台となる。

交通毎日新聞10月12日掲載

開催日 2017年9月28日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日,社会貢献
主催者

日本損保協会

対象者 一般,自動車業界
会員ログイン