自動車産業インフォメーション

石川県輸入自動車販売店協会 「金沢輸入車ショウ」開催

2021年4月30日

石川県輸入自動車販売店協会(藤澤秀紀会長)は17日、18日の両日、「第41回2021金沢輸入車ショウ」(日刊自動車新聞社など後援)を金沢市の石川県総合産業展示館で開催した。

例年1月に開催していたが、新型コロナウイルスが感染拡大していることから時期を変更して開催した。輸入車本来の楽しさや素晴らしさを伝えることはもちろん、来場者と出展者から感染者も出さないことを最重要事項として万全の防止対策を施した。

同ショウには県内の輸入車ディーラー7社がおよそ100台の車両を展示した。また、県外から八光カーグループがアストンマーチンの特別展示を行った。

厳冬期の開催とは異なり、屋外の展示も可能なことから、中古車の展示会も併催した。感染防止策として車両同士の間隔をこれまで以上にあけて展示し、期間中は会場内の換気を常時行うなどした。

自動車を取り巻く環境が脱炭素に大きく舵を切る中、出展各社も環境保全を意識した展示ラインアップを取り揃えた。来場者も輸入車ならではのデザインを楽しむとともに、最新の電動化技術を興味深く見入っていた。

また、出展側の説明員が車両の先進性を丁寧に説明する姿が会場の各所で見られた。なお、期間中の来場者は6528人、受注総額は3億2千万円だった。

カテゴリー 展示会・講演会
対象者 一般,自動車業界

日刊自動車新聞4月27日掲載

会員ログイン