自動車産業インフォメーション

運行管理共同化、〝副業運転手〟活用 国交省にタクシー提言

2021年4月12日

タクシー経営者ら有志でつくるチームネクスト(代表世話人=貞包健一・三ヶ森タクシー社長、北九州市)は8日、運行管理業務の共同化・外部委託(アウトソーシング)や「副業運転手(サブジョブドライバー)」の活用など、7項目のタクシー関係の政策提言を国土交通省に出した。

「新型コロナウイルス禍を乗り越えるには、抜本的な生産性の向上が必要」と訴えた。

貞包代表と事務局担当の清野吉光氏(システムオリジン戦略企画担当取締役、静岡市)が東京・霞が関の同省を訪れ、大辻統自動車局旅客課長に提言書を手渡した。

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
対象者 自動車業界

東京交通新聞4月12日掲載

会員ログイン