自動車産業インフォメーション

帝人 豪アプライドと低速EVプロトタイプを共同開発

2021年4月9日

帝人は3月30日、電気自動車(EV)プラットフォームなどを開発する豪アプライドEV(AEV)と、低速EVのプロトタイプを共同開発したと発表した。

これまで両社で共同開発したEVプラットフォーム「ブランク・ロボット」やソーラールーフ、帝人のポリカーボネート樹脂製グレージングなどを採用した。帝人はプロトタイプの開発で得たノウハウをモビリティ向け事業に展開していく。

開発した車両は4人乗りで10kWhバッテリーを搭載する。窓やドアには、軽量で耐衝撃性の高い帝人のポリカーボネート樹脂「パンライト」を採用したグレージングを用いた。赤外線を遮断する効果がある。

車内の断熱、吸音材には帝人フロンティアのポリエステル製タテ型不織布を採用し、車内の騒音と温度上昇を抑えて、EVのエネルギー効率や快適性の向上を図った。

両社は2019年から低速EVの開発で協力しており、22年後半に低速EVの実用化を目指している。

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
対象者 自動車業界

日刊自動車新聞3月31日掲載

会員ログイン