自動車産業インフォメーション

ワクチン接種輸送、自治体に働きかけを 自民タクシー議連

2021年2月22日

自民党タクシー・ハイヤー議員連盟(渡辺博道会長)の総会が15日、東京・永田町の党本部で開かれた。

新型コロナウイルス対策の「地方創生臨時交付金」(2020年度第3次補正予算1兆5000億円)について、高規格の車内空気清浄装置の導入や、ワクチン接種会場への高齢者のタクシー輸送などに活用できるよう、自治体に積極的に働きかける方針を確認し合った。

渡辺会長は「特にワクチンの接種は今後、重要な問題になるので、タクシー業界がどう関与できるか、しっかりと取り組む」と述べた。

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
対象者 自動車業界

東京交通新聞2月22日掲載

会員ログイン