自動車産業インフォメーション

和歌山整振、イラストラッピングカー導入 整備の重要性PR

2020年9月16日

かわいいイラストで点検整備の重要性をPR―。和歌山県自動車整備振興会(磯部宏会長)は、一般ユーザーへの点検整備意識の啓発を目的としたラッピングカーを導入した。今後は各種イベントのほか、日頃の業務でも〝走る広告塔〟として活用していく考えだ。

ラッピングカーはトヨタ自動車の軽乗用車「ピクシス メガ」がベース車両。近畿地区自動車整備連絡協議会(山本昇会長)のオリジナルキャラクター「つなぎちゃん」と、日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)の公式キャラクター「てんけんくん」のイラストをメインに、カラフルで目を引くデザインに仕上げた。

ラッピングカーの導入は和整振としては初めて。9月は点検整備推進運動の強化月間で、10日にはラッピングカーを使って県内の道の駅などを巡回し、ユーザーに点検整備の重要性を訴求した。

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
対象者 自動車業界

日刊自動車新聞9月11日掲載

会員ログイン