自動車産業インフォメーション

東整振・東整商 会長・理事長に片山TM東京社長

2020年7月2日

東京都自動車整備振興会・同商工組合(東整振・東整商)のトップにトヨタモビリティ東京(TM東京)社長の片山守氏―。

東整振・東整商は、東京都渋谷区の同教育会館で「令和2年度通常総会」および「第44回通常総代会」を開き、任期満了に伴う役員改選で新会長・理事長に片山守副会長・副理事長を選出、その後の理事会で承認した。

また、副会長・副理事長に菊地文夫氏(東京日産社長)、副会長に臼井克美氏(ムツミコミュニティ社長)、専務理事に新井直樹氏、常務理事に山川一昭氏をそれぞれ選出した。

副会長の森清正氏(森賛自動車社長)、副理事長の鯉沼誠一氏(鯉沼誠輪社社長)と宍倉健氏(宍倉自動車社長)はそれぞれ留任した。

このほか総代会では、2020年度の事業計画で新たな組合員支援対策として、支援ツール及び新用品開発提供に「新フロンガス回収装置等の斡旋」「誤発進防止装置の補助金対応及び斡旋」「特定整備事業における認証機器の販売」の3項目、高度技術に対応した用品工具類の販売促進に「特定整備用スキャンツールの販売」「エーミング関連機器の斡旋」の2項目、各種共済保険の加入促進に「火災保険・水災保険特約の推進強化」などを追加した。

カテゴリー 人事
対象者 自動車業界

日刊自動車新聞6月26日掲載

会員ログイン