自動車産業インフォメーション

トヨタ 東富士工場跡地に「つながる街」を新設へ

2020年1月10日

トヨタ自動車は1月7日、米国ネバダ州ラスベガスで開催される「CES2020」で、さまざまなモノやサービスがつながるコネクティッド・シティ「Woven City(ウーブンシティ)」を、2020年末に閉鎖するトヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)の跡地に新設すると発表した。

コネクテッド・シティでは、さまざまなモノやサービスが情報でつながる街がコンセプトで、自動運転やMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術など、最新のデジタル技術やサービスの開発と実証の繰り返し、新たな価値やビジネスモデルの創出を目指す。

街には、完全自動運転車の専用道を整備する。電力は地下に設けた燃料電池発電所から供給する。トヨタが開発しているMaaS向け車両「e-パレット」を人の移動やモノの輸送に加え、移動用店舗としても活用する。住民は、室内用ロボットなどの技術を検証するほか、センサーとAI(人工知能)の活用で健康状態をチェックするなど、生活の質を向上する技術を検証する。

今後、さまざまなパートナー企業や研究者と連携しながら、新たな街を作っていく方針で、グループ外の企業や研究者などに対して実証への参画を募る。

街全体の規模は約71万平方メートルで、2021年初頭に着工する予定。初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者を中心に、2000人程度の住民が居住することを想定する。

街は米国ニューヨークの新たしい第2ワールドトレードセンターやGoogleの新本社屋を手がけたデンマーク出身の著名な建築家でビャルケ・インゲルス・グループのCEOを務めるビャルケ・インゲルス氏が設計を担当する。

トヨタの豊田章男社長は「バーチャルとリアルの世界の両方でAIなどの将来技術を実証することで、街に住む人々、建物、車などモノとサービスが情報でつながることによるポテンシャルを最大化できる」とコメントしている。

カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

日刊自動車新聞社

対象者 一般,自動車業界

日刊自動車新聞1月7日掲載

会員ログイン