自動車産業インフォメーション

ダイソン 電気自動車事業から撤退 採算が見込めず

2019年10月11日

英国家電メーカー大手のダイソンは10月10日、事業採算性が見込めないため、電気自動車(EV)事業から撤退すると発表した。

ダイソン・オートモーティブ・チームはEVを独自開発を完了し、2021年にシンガポールで量産する計画だったが、事業化しても採算を確保するのは困難と判断した。EV部門の他社への売却を検討したものの、売却先が見つかっていないとしている。EV部門の社員はホームビジネス部門などに移る。

ただ、ダイソンは25億ポンド(約3350億円)の投資計画は継続して、同社の製品に活用できる全固体電池をはじめとするバッテリーやロボット、AI(人工知能)などの技術開発に注力する。

日刊自動車新聞10月10日掲載

開催日 2019年10月10日
カテゴリー 白書・意見書・刊行物
主催者

ダイソン

対象者 自動車業界
会員ログイン