自動車産業インフォメーション

良品計画の自動運転バスが受賞 グッドデザイン賞

2019年10月10日

日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」が発表され、良品計画が車体をデザインした自動運転バス「GACHA(ガチャ)」が「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれた=写真。

ガチャは、自動運転の研究開発を行うフィンランドのセンシブルフォーが開発。今年からフィンランドで試験運行されており、2020年の実用化を目指している。良品計画はガチャについて「ミニマルでフレンドリーなかたちと、内装に沿ったラウンド型のベンチシート」などがデザインのポイントだとしている。

このほか今年のグッドデザイン賞は、日産自動車の「デイズ」、三菱自動車は「デリカD:5」「eKクロス」「eKワゴン」、ダイハツ工業「タント」などが受賞した。トヨタ自動車は「グローバル量販車の再定義と挑戦」をテーマに、「RAV4」「カムリ」「カローラスポーツ」で「TNGA」プラットフォームで走りや燃費性能を高めたことなどが評価され受賞した。

日刊自動車新聞10月7日掲載

カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
主催者

日本デザイン振興会

対象者 キッズ・小学生,中高生,大学・専門学校,一般,自動車業界
リンクサイト

日本デザイン振興会 Gマーク発表

https://www.jidp.or.jp/ja/2019/10/02/news1002?query=tagNames%3DNEWS%26tagNames%3DREPORT%26categoryCodes%3Daward

会員ログイン