イベント・行事

テーマは百花繚乱80’s オートモビルカウンシル2019

2019年3月20日

4月5~7日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「オートモビルカウンシル2019」に、トヨタ自動車とレクサス、日産自動車、ホンダ、スバルが共同企画を出展する。展示テーマは「百花繚乱80’s 」。日本メーカーの独創性と品質が欧米メーカーに追いつき、技術や新型車が開花したとされる1980年代を彩ったクルマを展示する。

日産は当時の最新技術を数多く搭載した「フェアレディZ Z32型」、ホンダは「シティ」のオープンモデル「シティ・カブリオレ」、スバルは当時の量産車トップレベルの空力性能と水平対向6気筒を搭載した「アルシオーネ」、トヨタは国産初の量産ミッドシップの「MR2」、レクサスは高い走行性能と静粛性を両立した「LS400」などを展示する。

日刊自動車新聞3月16日掲載

 

開催日 2019年4月5日
開催終了日 2019年4月7日
カテゴリー 展示会・講演会
主催者

オートモビルカウンシル

開催地 幕張メッセ
対象者 キッズ・小学生,中高生,大学・専門学校,一般,自動車業界
リンクサイト

主催者ホームページ https://automobile-council.com/

会員ログイン