イベント・行事

インブリッジズ、2月28日に品川で自動運転セミナー 来場者も議論に参加

2019年2月11日

来場者が議論に加わる新しいスタイルの自動運転セミナーが2月28日、都内で開かれる。自動車ジャーナリストの清水和夫氏をはじめ4人の登壇者が講演し、その後、来場者を交えた討論会を予定する。

主催は、次世代モビリティ領域のメディアプラットフォーム「リビジョン オート&モビリティ」を運営するインブリッジズ(友成匡秀社長、東京都港区)。「自動運転実装への法的アプローチ│自動運転中の事故の責任と、将来の保険・補償制度のあり方とは│」をテーマに、自動運転普及に向けた課題について切り込む。
講師は清水氏のほか、中山幸二・明治大自動運転社会総合研究所長、佐藤典仁・国土交通省自動車局保障制度参事官室企画調整官、西岡靖一・損害保険ジャパン日本興亜リテール商品業務部商品開発グループ上席業務調査役の4人。前半は4人の講演、後半は来場者が小グループに分かれ、自動運転のレベル3(緊急時のみドライバーが操作)、同4(特定の場所でシステムが全操作)の具体事例に基づき、法律や技術、制度の観点から議論し、現状課題や今後の方向性などを探る。

セミナー概要は次の通り。
▽2月28日午後1時~同7時30分(同5時50分からは懇親会)▽AP品川(東京都港区高輪)▽参加費・2万9160円(消費税、懇親会費含む)▽定員60人▽申込みサイトは次の通り。
https://rev-m.com/openlab/

日刊自動車新聞2月9日紹介

開催日 2019年2月28日 13:00~19:30
カテゴリー 展示会・講演会
主催者

㈱インブリッジズ

開催地 AP品川 9階会議室(東京都港区高輪3-25-23)
対象者 自動車業界
リンクサイト

開催案内 https://rev-m.com/

会員ログイン