イベント・行事

国交省 自転車の運行による損害賠償保障制度のあり方等の検討を開始します

2019年1月9日

国土交通省では、自転車の運行によって人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度に関して、専門的な見地から意見を聴取するため、有識者による「自転車の運行による損害賠償保障制度のあり方等に関する検討会」を設置し、第1回を1月11日に開催します。

昨年5月1日に施行された「自転車活用推進法」において、近年自転車利用者が加害者となる事故の損害賠償において、加害者側に1億円近い賠償命令が出ていることを踏まえ、被害者救済の観点から、自転車の運行による損害賠償を保障する制度について、政府が検討した上で、必要な措置を講じる旨が規定されていることから、有識者による検討会を開催し、自転車の運行による損害賠償保障制度のあり方等について検討します。

1.日 時  平成31年1月11日(金) 9:30~11:30

2.場 所  中央合同庁舎2号館低層棟1階 国土交通省第1会議室
(東京都千代田区霞が関2-1-3)

3.委 員  国土交通省の開催案内をご覧ください

4.議 事  自転車損害賠償保険の加入促進について 等

開催日 2019年1月11日 9:30~11:30
カテゴリー 会議・審議会・委員会
主催者

国土交通省

開催地 中央合同庁舎2号館低層棟1階 国土交通省第1会議室
対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

国土交通省開催案内

http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001118.html

会員ログイン