イベント・行事

交通科学学会 第14回交通科学シンポジウムを3月12日に開催

2019年1月7日

一般社団法人日本交通科学学会は、日頃より交通事故の予防安全に携わる方々や一般の方などを対象に毎年シンポジウムを開催しています。第14回シンポジウムを開催しますので多くに皆様の参加をお待ちします。

期日 2019年3月12日(火) 13:30~16:30

会場 日本自動車会館1階「くるまプラザ」東京都港区芝大門1-1-30芝NBFタワー

参加費 無料、定員は先着100名

プログラム

・「中高齢者の身体・精神機能低下における自動運転への影響に関する研究」渡邉 裕氏(医療情報推進機構)

・「80歳以上の高齢運転者による事故事例の検討」別府 賢氏(国立病院機構 京都医療センター)

・「高齢歩行者死亡事故例における歩行者挙動の解析」伊藤大輔氏(名古屋大学工学研究科機械システム工学専攻)

・「疾患起因性事故における運転者ならびに事業者の社会的責任」馬場美年子氏(慶應義塾大学医学部総合医科学研究センター)

申込み締切:2月28日(木)

開催日 2019年3月12日 13:30~16:15
カテゴリー 展示会・講演会,社会貢献
主催者

日本交通科学学会

開催地 日本自動車会館 1階 「くるまプラザ」会議室
対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

日本交通科学学会開催案内 http://jcts.umin.ne.jp/14symposium2018.pdf

会員ログイン