イベント・行事

宮城県など、9月11日に次世代自動車セミナー 企業担当者向けに解説

2018年8月28日

みやぎ自動車産業振興協議会と宮城県は、自動車関連分野への参入を目指す域内事業者の支援を目的に、次世代自動車技術セミナーを、宮城県産業技術総合センター(仙台市泉区)で9月11日に開催する。

燃料電池車(FCV)と電気自動車(EV)、自動運転などに関する装置・技術を紹介・解説する。
 今夏のセミナーは、自動車関連産業の参入のための製品開発に取り組む企業の担当者などを対象に実施する。募集定員は約30人で、受講は無料だが、先着順に受け付ける。
 当日はトヨタ「ミライ」(FCV)とホンダ「クラリティ」(同)、日産「リーフ」の実車を用意、最新の技術を紹介するほか、試乗も行う予定。また自動運転支援用センサや関連部品も展示、解説される。
 講師は宮城県産業技術総合センターのコーディネーターである萱場文彦氏と水田謙氏が務める。
 問い合わせ先=TEL022―377―8700(県産業技術総合センター自動車産業支援部産業育成支援班)

日刊自動車新聞8月28日掲載

開催日 2018年9月11日
カテゴリー 展示会・講演会
主催者

宮城県、みやぎ自動車産業振興協議会

開催地 宮城県産業技術総合センター(仙台市泉区)
対象者 自動車業界
リンクサイト

宮城県ホームページ https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/jidousha/jisedaiseminar.html

会員ログイン