イベント・行事

ボッシュ、自動運転車両向けに「路面状況予測サービス」を2020年から提供開始

2018年7月30日

2018年7月25日、ボッシュは自動運転車両に対応できる、気象データと路面凍結検知システムをベースにした「路面状況予測サービス」の情報提供システムを開発したと発表した。

当システムは、濡れた路面や降雪、アイスバーンなどで危機的な状況になる前に、この路面状況予測サービスが注意を促し、危険を回避できるというもの。ボッシュとパートナーシップを結ぶ天気予報情報会社、フォレカ(フィンランド)が実現した気象データにより、自動運転車両は、どこで、どのように運転すべきかを正確に把握できるようになる。

これにより自動運転車両は早めに気象、道路状況を把握できるようになり、路面状況悪化の兆候が見られた時点で自動運転は停止し、ドライバーが運転操作を引き継ぐことになる。ドライバーは、十分な時間的余裕をもって、心の準備をすることができる。

開催日 2018年7月25日
カテゴリー 交通安全
主催者

ボッシュ

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

https://www.bosch.co.jp/press/group-1807-04/

 

会員ログイン