イベント・行事

全日本トラック協会、1~3月のトラック運送業界の景況感発表/前回から5.2ポイント悪化

2018年5月15日

全日本トラック協会は5月11日、2018年1月~3月までの「トラック運送業界の景況感」(速報)を発表した。

運賃・料金の水準は回復基調で推移したものの、労働力不足や燃料価格上昇等によるコスト増加の影響をより大きく受けたことから、営業利益と経常損益は悪化した。

その結果、景況感の判断指標は▲3.0となり前回(2.2)から5.2ポイント悪化した。

開催日 2018年5月11日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
主催者

全日本トラック協会

 

対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

http://www.jta.or.jp/chosa/keikyo/keikyo_pdf/keikyo1801_03.pdf

 

会員ログイン