イベント・行事

第13回交通科学シンポジウムを開催

2018年1月10日

日本交通学会では、日頃より交通事故の予防安全に携わる方々や一般の方などを対象に毎年シンポジウムを開催しています。

今年は、「高齢運転者の事故予防に向けた運転能力の評価と介入」をメインテーマに、第13回シンポジウムを開催しますので多くの方々の参加をお待ち申し上げます。

講演プログラム

・高齢運転者の事故を予防するために:研究班発足の経緯 滋賀医科大学医学講座 一杉正仁氏

・高齢歩行者の横断特性について 自動車技術総合機構 松井靖浩氏

・高齢ドライバー運転能力評価指標及び運転リハビリ手法 山梨大学 伊藤安海氏

・高齢者の外傷~治療する立場から 帝京大学高度救命救急センター 藤田 尚氏

・高齢ドライバーの機能低下と運転パフォーマンス 東京都立産業技術高等専門学校 三村洋介氏

開催日 2018年3月5日 13:30~16:30
カテゴリー 展示会・講演会
主催者

一般社団法人日本交通科学学会

開催地 連合会間(千代田区神田駿河台3-2-11)
対象者 自動車業界

参加費:無料、定員:先着80名、申込み締切:2月20日(火)

申込みは、(一社)日本交通科学学会事務局

e-mail:jcts_jimu@herusu-shuppan.co.jp  Fax:03-3380-8627

問合せ先:学会事務局 ㈱へるす出版事業部内 03-3384-8058

会員ログイン