イベント・行事

国交省 車検切れ車両の取締りを強化 ― 街頭検査に用いる「ナンバー自動読取装置」の公開デモを実施 ―

2017年9月14日

国土交通省は、街頭検査に可搬式の「ナンバー自動読取装置」を試行導入して、公道を走行する車検切れ車両を把握し、当該車両のドライバーに直接指導・警告する対策を開始します。
試行導入に先立ち、国土交通省1F駐車場にて当該装置の公開デモを行います。

○可搬式「ナンバー自動読取装置」のデモンストレーション
日 時: 平成29年9月15日 10:20~(30分程度)
場 所: 国土交通省1F 正面玄関前駐車場
概 要: 車検切れ車両を模擬した自動車を走行させ、「ナンバー自動読取装置」により車検切れであることを瞬時に把握する様子をご覧いただきます。
その他: 当日は石井国土交通大臣が公開デモを視察する予定です。なお、急遽公務により予定が変更となる場合があります。
取材をご希望される方は、別紙の取材申込書により、平成29年9月14日15:00までに、FAX(03-5253-1639)にてお申し込みください。
公開デモ当日は10:10までに直接実施場所へお集まりください。

開催日 2017年9月15日 11:20
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
開催終了 2017年9月15日
主催者

国土交通省

開催地 国土交通省
対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000163.html

会員ログイン