イベント・行事

トヨタ、全国で電動車の給電機能をアピールするイベントを開始

2019年12月18日

トヨタ自動車は、停電時に電動車から電力を取り出す給電機能を広めるイベント「トヨタ防災給電プロジェクト~車でライトアップ2019」を全国で始めた。

名古屋・ささしまライブパークのイベントにサンタクロース姿で登場した河合満副社長=写真=は「自然災害が色々なところで起きているが、そういった時、せっかく電動車を買って頂いても使い方がわからなかったり、もっと有効な活用法を皆さんに知っていただきたい」と語った。

駆動用バッテリーを持つトヨタの電動車には1500㍗のコンセントが用意(一部オプション)されており、エンジンによる発電分を含めると2~4日間、家庭で日常的に使う電力をまかなえる。保有車は30万台近いが、実際に給電機能を使った経験を持つ人はわずか6%との調査結果もある。

トヨタは先週末と今週末、北海道(アリオ札幌店)から福岡(冷泉公園)まで全国10地域でイベントを開いて給電機能をPRする予定だ。

日刊自動車新聞12月17日掲載

開催日 2019年12月14日
開催終了日 2019年12月22日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
主催者

トヨタ自動車㈱

開催地 北海道(アリオ札幌店)、名古屋(ささしまライブパーク)、福岡(冷泉公園)など全国10地域
対象者 キッズ・小学生,中高生,大学・専門学校,一般,自動車業界
会員ログイン