イベント・行事

「東京モーターショー2017」の前売り入場券を8月1日からオンライン先行販売

2017年8月9日

2万枚限定のプレビューデー入場券や前売り入場券など

 

「第45回東京モーターショー2017」の一般公開前のプレビューデー(10月27日12:30~)に入場可能な入場券の販売が8月1日から始まった。2万枚限定のプレビューデー入場券と、150枚限定の「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー」参加券付きプレビューデー入場券の2種類があり、東京モーターショーのオフィシャルWebサイト(www.tokyo-motorshow.com)から購入できる。9月21日から販売する一般公開日(10月28日~11月5日)の前売り券も、オンライン先行で8月1日から販売がスタート。取扱先も拡大され、9月21日以降は鉄道会社、旅行会社、コンビニエンスストアなどでも各種前売入場券を購入できる。

今回の東京モーターショーでは、新たなシンボルイベントとして主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」を開催。約300人が一度に体験できる大きなドーム型映像空間(360度映像)で未来のモビリティ社会を俯瞰体験できる「インタラクティブ展示」、約30人が同じバーチャル空間で試乗体験できる「VR展示」、様々な業界のリーダーが将来のモビリティについて語る「トークイベント」など、将来のモビリティ社会がもたらす新しい価値や社会とのつながりを解りやすく体験できる、参加型プログラムが用意されている。

カテゴリー 展示会・講演会
主催者

日本自動車工業会

対象者 キッズ・小学生,中高生,大学・専門学校,一般,自動車業界
リンクサイト

http://www.tokyo-motorshow.com/press_release/20170801.html

会員ログイン