自動車産業インフォメーション

川崎重工 実用性とレジャー性を兼ね備えたミドルサイズの多用途四輪車「MULE PRO-MX」を新発売

2018年6月13日

川崎重工は、タフで機能性に優れた多用途四輪車MULEシリーズの新機種、「MULE PRO-MX」を、2019年モデルとしてアメリカやカナダなどの北米を中心とした地域にて7月中旬より新発売します。
「MULE PRO-MX」は、仕事にも遊びにも“ちょうどいいサイズ”をコンセプトに開発されました。フラッグシップモデル「MULE PRO-FX/FXT」「MULE PRO-DX/DXT」とコンパクトモデル「MULE SX」の中間となるサイズで、必要十分な積載性と優れた取り回し性が大きな特長です。
「MULE PRO-MX」には、用途に応じた4つのバリエーションモデル(装備・車体色)を用意しています。

①STD :シンプルかつ基本的な装備
②EPS:電子制御パワーステアリングとLED補助ヘッドランプを装備
③EPS LE:屋外での使用に便利なプラスチックルーフや質感高いアルミホイールを装着
④EPS CAMO:ハンティングに最適なカモフラージュ柄

1.主な特長
□エンジン・車体 ①専用設計の水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブエンジン(695cm3)
専用に設計されたエンジンは、優れた牽引力と運搬能力に加え、フューエルインジェクションシステムの採用により、信頼性や始動性に優れています。また、CVTトランスミッションに遠心式クラッチを組み合わせたことで、単気筒エンジン特有のパワフルな低速トルクをスムーズに引き出します。また、坂道を下る際に最適なエンジンブレーキが効くようCVTトランスミッションを設定しています。
②機動性と取り回しに優れたミドルサイズのシャーシ
フラッグシップモデル同様の思想のもと設計された専用フレームは、頑丈なフレーム構造に一定のしなり特性を与えたことで、高い耐久性と快適な乗り心地を両立しています。また、大きすぎず、小さすぎない車体サイズ(全長2,795mm、全幅1,525mm、軸間距離2,005mm)が、優れた機動性と取り回し性能を発揮します。最小回転半径はわずか4.2mで、カーブや木々が入り組んだ山道での走行も可能です。
③積載性、利便性に優れたカーゴベッド
カーゴベッドの最大積載量は317kg、最大牽引力は680kg。ダンプ機能も備えています。
また、タイダウン用アンカーやパーテーション板設置用のくぼみを設けるなど、積荷を安定して運べる工夫が施されています。カーゴベッドの壁上部には、フックポイントとして使えるほかカーゴボックスなどのアクセサリーの装着も可能なスチールパイプを装備しています。

□デザイン・装備①屈強な造り込みとタフな性能を具現化したデザイン

外観には、MULEシリーズ共通のタフな性能を具現化したデザインを取り入れています。また、床やカーゴベッド底板に縞鋼板を用いるほか、水や泥が入り込みにくい吸排気レイアウトなど、見た目だけでなく、機能面でも屈強な作りとしています。
②電子制御パワーステアリング
STDを除く3モデルには、車速に応じてアシスト量が可変する電子制御パワーステアリングを装備しています。ステアリング操作を低速域では軽く、速度が上がるに連れて重くするなど、車速に合わせて最適なアシストを行います。
③チルトステアリング機能
運転者の体格や好みによってステアリングの角度(高さ)が変更できます。
④充実した収納スペース
ボンネット下に容量9.1リットル、シート下に容量5.3リットルの収納スペースを確保し、仕事や遊びに使う大きめの道具が収納できます。ダッシュボードには、鍵付きのグローブボックスのほか、小物類を入れるポケットやトレーを合計4ヶ所用意。ドリンクホルダーを運転席と助手席それぞれに装備するなど、便利で快適な装備も多く備えています。

川崎重工ニュースリリース6月12日発表

開催日 2018年6月12日
カテゴリー キャンペーン・表彰・記念日
主催者

川崎重工㈱

開催地 アメリカ、カナダ
対象者 一般,自動車業界
リンクサイト

川崎重工ホームページ

http://www.khi.co.jp/news/detail/20180612_2.html

会員ログイン