「交通安全。アクション2008

平成20314

 

41213日に東京臨海副都心「メガウェブ」で33団体・企業が参画して開催

 

 

 日本自動車会議所は41213日の両日、東京・江東区臨海副都心の「パレットタウン」内メガウェブで、交通安全啓発イベント「交通安全。アクション2008」を開催する=写真は昨年開催の「2007」の模様。同イベントは、日本自動車会議所の会員団体(交通安全委員会構成団体)を中心に平成13年から毎年開催しており、今年で8回目を数える。例年、春の全国交通安全運動に呼応して同運動期間中に開催しており、自動車関連団体が連携して啓発活動を行うイベントとして定着している。内閣府、国土交通省、警察庁が後援、33の協力団体・企業が参画してイベントを盛り上げる。

 昨年に引き続き「家族で広げよう交通安全」をテーマに掲げ、交通安全ビンゴ大会や歌手によるステージアトラクションなど、家族で一緒に楽しみながら体験し、家族の絆を深めながら交通安全の大切さやルールを学べる多彩な企画や展示が用意されている。また、自動車に関係するさまざまな相談に対応する相談コーナーや、協力団体・企業から提供されたたくさんの景品を用意したスタンプラリーコーナーなども開設する。

 さらに、家族や親子が交通安全の約束を交わす「交通安全約束手形」も発行。手形発行の狙いは、親子の手の跡が付いた世界に一つしかない記念の手形を家に持ち帰ることによって、家族で交通安全について話すきっかけや機会を提供すること。手形は下敷きとしても使えることもあって、子どもたちに好評だったため、今年も実施することにした。

 イベント会場は昨年と同じ「パレットタウン」内メガウェブだが、今回は会場の様子をリアルタイムに映し出すことができる巨大な「MEGAスクリーン」の前にステージをセットし、これまでよりイベントスペースを広くした。子どもたちが楽しみながら交通安全を学ぶことができる「交通安全ラジコン」など新コーナーもあり、内容も回を重ねるごとに充実してきている。

 なお、同イベントの入場料は無料。開場時間は両日とも午前11時から午後6時まで。

 

2008」の主な企画(一部予定。カッコ内は出展団体など。順不同)

<ステージ企画>

▽交通安全ビンゴ大会(日本自動車会議所ほか)▽交通安全アトラクション(同)▽横断歩道の渡り方教室(警視庁東京湾岸警察署)

<体験コーナー>

▽自動車運転適性診断(自動車事故対策機構)▽動体視力測定・夜間視力測定()▽深視力測定・視野測定(同)▽シートベルトコンビンサー体験(JAF)▽飲酒疑似体験ゲーム(日本自動車会議所ほか)▽交通安全ラジコンゲーム(同)▽パソコンで学ぶ道路の歩き方「おでかけぱんだ」(日本自動車研究所)▽反射材体験コーナー (全日本交通安全協会)▽少年少女モーターサイクルスポーツスクール(日本二輪車協会)

<発行・配布コーナー>

▽子ども安全免許証発行(JAF)▽交通安全約束手形発行(日本自動車会議所ほか)▽関係資料配布ほか

<展示コーナー>

▽クイーンスターズによる白バイ展示コーナー(警視庁東京湾岸警察署)▽首都高バイク隊・パトロール隊の車両展示(首都高速道路)

<くつろぎ・相談コーナー>

▽自動車なんでも相談(参加関係団体ほか)▽“てんけんくん”ぬりえコーナー(日本自動車整備振興会連合会)

 

「交通安全。アクション2008」開催概要

[主催]

 ()日本自動車会議所

[後援]

 内閣府、国土交通省、警察庁

[協力](順不同)

 ()日本自動車工業会、()日本自動車部品工業会、()日本自動車車体工業会、()日本自動車タイヤ協会、()日本自動車販売協会連合会、日本自動車輸入組合、()全国軽自動車協会連合会、 ()日本中古自動車販売協会連合会、()日本自動車整備振興会連合会、()全日本トラック協会、()全国通運連盟、()日本バス協会、()全国乗用自動車連合会、()全国自家用自動車協会、()全日本指定自動車教習所協会連合会、()全国レンタカー協会、日本自動車リース協会連合会、()日本損害保険協会、()全日本交通安全協会、()日本自動車教育振興財団、日本二輪車協会、()全国二輪車安全普及協会、()日本自家用自動車管理業協会、日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会、自動車用品小売業協会、東京都自動車会議所、 ()日本自動車研究所、首都高速道路()()日本自動車連盟、 ()日本交通福祉協会、独立行政法人自動車事故対策機構、警視庁、(有)広報企画